ブランクありでも大丈夫!パート募集中♪

[2019最新]シャンプーはこう選ぶ!

香芝市で髪型に悩んだらDONNA

緑頭の美容師

どうも市販のシャンプーを使うと泡が緑色になるカズマです!

シャンプー何を使ってますか?
スーパー・ネット・美容室…
沢山の種類が色んなところで売っています。

 

今日はそんなシャンプーの仕方と
選び方(種類)をお伝えしようと思います!

シャンプーの仕方

 

仕方といっても手の動かし方などは正直決まっていません。

(僕たちはシャンプーをする方なので、
気持ちがいい手順や動かし方を決めていることはあります。)

 

が、

 

注意点はいくつかあります!

 

  1. 爪を立てない
    頭皮はデリケートです。
    自然に油を出して守っています。
    なので爪を立てたりしてしまうと頭皮を傷つけてしまうことがあるので、
    爪は立てずに指のお腹の部分でこするのがイイです!
  2. 泡をきちんと立てる
    しっかり泡立てることで油分やシリコン、
    ワックスなども取れやすくなります。
    もし泡が立ちにくい方
    (油分が多い方やワックスなどを多くつけている場合)
    は水で流す時にいつもより長めにしっかり流したり、
    シャンプーをつけてゴシゴシした後、
    もう一度シャンプーを追加する事で泡立ちが良くなります!
  3. しっかり流す
    これは上で言ったように泡立ちが悪くなったり、
    シャンプーだけじゃなくてもトリートメントなど油がのこっていると匂いの原因になるからです。
    使い回しの油が臭いのと同じようなことが起こってしまいます。
  4. 洗浄力を選ぶ
    記事の後半のシャンプーの選び方にも書きますが、
    強いものを使っているとカラーの持ちが悪くなったり、
    敏感な方は肌荒れ・フケなどの原因になってしまいます!

 

これらを守っていれば頭皮が傷ついたり、

ワックスなどの取り残しや臭いもなくバッチリ👍

 

シャンプーの選び方

 

かなりの種類があるシャンプー。

 

市販美容室のシャンプーはどう違うの?」

というお声をよく聞きます。

 

この違いは目的です。

 

市販のシャンプー
汚れを落とす
という事がメインです。

なので洗浄力が強く、しっかり汚れを落とします。

 

一方美容室のシャンプー
・次のカラー、パーマなどをする時にいい状態にする。持ちをよくする。
というのがメインです。

なので洗浄力は市販より弱く
汚れは落としますが必要な油分は残したり、
同時に保湿や補修成分がはいってたりします。

 

シャンプーの選び方というタイトルですが、
先に結論をいってしまうと…

 

正直行きつけの美容師さんに聞くのが一番です👂

 

ですが、自分で選びたい方・知っておきたい方はここから下を見てください👇

 

成分表で何がわかるのか?

 

シャンプーの選び方は人それぞれ違いますよね
たとえば、
・香り
・ブランド
・容量
・価格
などなど…

ここまでは簡単に決められると思います。

 

美容師はどこを見ているのかというと…成分表です。

シャンプーには汚れを取るために
洗浄力がある成分を使っているんですが、
この洗浄力が強いと必要な油もとってしまい
痒み、フケ、カラーの持ちが悪い
などの問題が起こります。

 

そこで成分表をみると使っている成分の種類や量もわかります!

(成分表は使っている量多い順で書いているんですが、
基本的には水が一番最初になっています。)

 

 

高級アルコール

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸カリウムなど
  • ラウリルと硫酸がつく成分

(ちなみに、高級は良いものという意味じゃなく、炭素が多いという意味です。すくないと低級)

 

市販のシャンプーにはよく使われています。
油をよく落とすので必要な油分も無くなってしまいます😅

 

石けん

  • 石けん(石ケン)素地
  • 脂肪酸ナトリウムかカリウム

 

ちなみに、脂肪酸〇〇は作るときに水酸化ナトリウムカリウム(液体になりやすい)を使ったかで決まります。

 

ネットではよく見る気がします。

上に書いた高級アルコールよりは
肌に優しいですが、
やっぱり油分を取りすぎます。

肌に優しい石けんシャンプーなどは、
逆に水と石けんだけで作っていたりするので
洗浄力が悪いです。

 

アミノ酸

  • ココイルグルタミン
  • ヤシ油脂肪酸
  • ラウリン酸
  • ミリスチン酸
  • グリシン
  • メチルアラニン
  • サルコシン…

 

などなど。

美容室などではほとんどこれです。
洗浄力もありながら必要な油分は残して
保湿や保護もしやすい優れた成分です!

 

ただ、油分が多い方はしっとりし過ぎてしまうことがあるので、
しっかり流しましょう!

 

アミノ酸系シャンプーの落とし穴!?

 

上に書いた通りアミノ酸系がオススメなんですが、
ほんの少しアミノ酸が入っていても
アミノ酸系シャンプー
と言えてしまうんです…

 

最近のものだと「い○髪」も…

 

このタイプのシャンプーは、
成分表をみるとアミノ酸は最後の方に書いてあって
前の方に高級アルコールが書いていることが多いです。
アミノ酸より高級アルコールが多い状態)

 

ちなみにノンシリコンも…

シリコンは何種類もあるのですが、
たとえ入っていなくてもシリコンと同じ働きの成分を入れてしまえば、
ノンシリコンと言えてしまうんです笑

 

そんな落とし穴を避けながら
注意点を気にしていれば
髪がもっと綺麗になっていきますよ(^^)

 

美容師が作ったシャンプーがある!

 

選び方を色々書きましたが、オススメの美容師が作ったシャンプーがあります!

rale rale

ラーレラーレ

 

『この商品は美容師が お客様に喜んでもらうために作りました』

✨きっと変わるあなたの毎日に輝きを✨

健康で美しく輝く髪は、すべての女性の永遠の憧れ。

しかし、髪に対するストレスは毎日蓄積していくもの…

lare lare は毎日の髪ストレスを軽減し、 あなたの髪に輝きを取り戻します。

✅ プロの美容師達が試作を繰り返して作った商品です。

髪の手触りだけでなく、頭皮にも優しく、

商品の素材はもちろん、香り・デザインなど、

一つ一つにこだわりを込めて作りました。

ℹ️ lare lare は全ての人のために、 [オリジナル]と[ライトエアリー] の、2種類用意しております。

  ➕パウダーリーフローラルの香り (女性に圧倒的な支持のあるイミテーションフレグランス。)

➕アルガンオイル (美容業界で大注目の天然オイル。 世界遺産となっているアルガンツリーから60年の歳月をかけて実った木の実から取れる大変貴重なオイル。 髪に馴染みやすく、髪のもつれがほぐれ弾力のある輝く髪に導きます。)

➕ノンシリコーン (洗浄の役割のあるシャンプーにはその動きを妨げる可能性があるシリコーンは一切含まれておりません。 また、人に優しい洗浄成分を選んで使っているので、髪や頭皮へのストレスを軽減します。)

➕アボカド油 (アボカドはギネスで「世界で最も栄養価の高い果物」に認定されています。 しっかりとした皮膜を作るので、髪に潤いを閉じ込め、空気の乾燥や紫外線などの刺激から髪を守ります。)

➕アロエバラ葉エキス (アロエバラの葉から抽出されたアロエバラ葉エキスには200種類以上の有効成分が含まれています。 肌の潤いを保つ働きや肌を引き締めるなどの効果があることがわかっており、化粧品などにも使われるようになりました。 治癒効果や保水性の高い成分です。)

➕キトサン (カニやエビの殻から得られる成分です。 ダイエットにも効果があるといわれ、 キューティクル形成機能があり、静電気によるダメージを緩和し手触りをよくします。 保水力も高く、髪のからまりやパサつきを抑え、なめらかな髪にします。)

➕シルクタンパク (シルクタンパクは18種類のアミノ酸を含み、 髪の元となるタンパク質と似ている構造を持つため髪をツヤやかにします。 水との相性がよく、髪の痛んだ部分を補い、 保護することから健康的な潤いを保つ効果があります。) 

🛁オリジナルボトルセット [300ml] 1720円

🛀おトク 詰め替え用 [1000ml] 4860円

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です